作業風景のご紹介

色合わせ

塗装の基本である色合わせの風景です。
色合わせ

車両は日に当たった影響で、新車の状態と色が変わっています。
そのため、色合わせの作業が必要になります。
まず、メーカ指定の色番号から新車と同じ色を調合します。
サンプルで塗った色と、実車の色を見比べます。
ここで、職人の経験と知識が発揮されます。わずかに違う色に対し、どの色をどの割合で足せばいいかを見ているのです。
ごくわずかの分量でも大きく色が変わるので大切な作業です。

色がうまく出せないと、塗った箇所が目立ってしまいます。